「不登校・高校中退・ひきこもり」の情報提供サイト<あした、いいことあるかな…>
あした、いいことあるかな…(トップ) > 学校じゃ教えてくれない進路情報 > サポート校(提携校)

余計なことですが・・・
自分の足で場所選び

 「あした、いいこと」でお話した子の中にサポート校に在籍した経験のある子がいますが、一般的に女の子は少ないそうで、ある子は、「ストーカーみたいなことをされ、それが原因で学校を変わった。」と話していました。

 最近お付き合いした女の子は、高校を辞めてサポート校に入学したんですが、生徒数は12〜3人で、勉強にもついていけて、大きなトラブルもなく過ごせているそうです。ただ、36kmを歩く行事があり、それには参ったそうですが・・・。

 でも、彼女の場合は、高校を辞める頃から、ガイドブックを買って自分に合った学校を探していたそうです。大きな費用がかかりますので、サポート校を目指すのであれば、後で悔いが残らないよう、自分に合った場所を探してほしいですね。

★ サポート校では、トラブルが色々起こっていますので、不安があれば相談いただくとありがたいです。

壁紙変える?

2009/01/01 更新

サポート校(提携校)

 私立の通信制高校と提携していて、3〜4年通い、その高校を卒業することでで高卒資格が得られるのがほとんどです。平たく言えば、通信制高校の補習塾、といえるでしょう。また、それ以外にもさまざまなカリキュラムが組まれています。

こんな人にいかがですか?

 行ける高校のない人で、親の経済力がある人。また、親が教育に関心がある人。

こんなところがオススメ。

  •  ほとんどが小人数でクラスが組まれており、担任との信頼関係も築けます。
  •  サポート校の授業と平行して、提携する通信制高校のレポートも作成し、単位を取っていきますが、提出してないレポートがあれば言ってくれるので、うっかり出し忘れていても安心です。

でもこんなところも・・・

  •  費用がバカ高い。月10万はざら。私立高校より高いですし、奨学金制度もありません。
  •  案内書の内容と実態が異なる場合(例えば、「高卒資格が得られる」と思い入学したが、得られないことがわかった。)があり、トラブルが発生しているようです。
  •  単に営利目的でやってるところも少なくないようですし、在学中に倒産することもあります。

大学進学に向けて

 中には大検や大学入試目的のサポート校もあります。あなたの進路によって、いろいろ探してみてください。

学費は?

 かなりの費用がかかることを覚悟しておいてください。

このページのいちばん上へ