「不登校・高校中退・ひきこもり」の情報提供サイト<あした、いいことあるかな…>
あした、いいことあるかな…(トップ) > 「いじめ」について
ねたろーのこころのはなし
「あした、いいこと」ご利用について
「いじめ」について

「いじめ」や暴力のない環境で、すべての子どもが育つことのできる社会を。
「いじめ」や暴力のない環境で、すべての子どもが育つことのできる社会を。「あした、いいこと」の願いです。

壁紙変える?

「いじめ」について

 このページでは、学校などで起こっている「いじめ」問題について「ねたろー流」の説明をしています。

「いじめ」の定義

何かをされて、それを「嫌だ」と感じれば、それだけで「いじめ」です。

「いじめ」が絡んだ自殺や事件が起こった時、記者会見で学校の校長なんかが「いじめはなかった」と話していることがありますが、何を根拠に言っているのか全くわかりません。

いじめ撲滅4大原則

「いじめぼくめつ4だいげんそく」

 いじめは絶対にあってはならないことです。被害者はもちろん、加害者も傍観者も作ってはならないのです。しかし、「いじめ」はどこででも起こりうることであり、誰が被害者や加害者になってもおかしくありません。だから、解決のためには日常からの取り組みが必要だと思います。

 そこで、取り組みの土台となることを「いじめ撲滅4原則」としてまとめてみました。各方面で活用いただけると幸いです。

被害者になった(なりそうな)時は

どんな形(直接話す、電話、手紙、メールetc)でもいいから、身近な人に被害を伝えてください。「いじめ」について、当サイトの掲示板などに書いていただいても、まずはこのようにお話します。

もしできないのなら、学校を休んでもかまいません。「いじめ」が原因で学校を休むのは、決して恥ずかしいことではありません。

 
傍観者にならないために

授業中や休み時間など、「いじめではないか?」と感じるシーンを見かけたら、担任などにチクってください。(「いじめ報告書」も参考にしてください。)

「いじめ」に遭っている子(被害者)は、自分から被害を打ち明けることが難しいものです。だから、当事者でないあなたの役割が大切です。

あなたのクラスに、どんな人がいて、その人がどういう人なのか、日頃から関心を持ってください。そうすれば「いじめ」を見つけやすいと思います。

 
加害者にならないために

あなたが誰かにしたこと・言ったことを、相手の立場に立ってみて、それが良かったかどうか、考えてみてください。そして、相手の気を悪くしたと思うのであれば、次からは止めましょう。

あなたが何気なくしていることが、相手にとっては非常に苦痛かもしれません。「いじめ」はそういうところからも始まります。

 
親や教師に対して

「いじめは起こりうるもの」と子どもに言い聞かせてください。そして、「自分や友達が被害に遭ったら、すぐに話す。話すことは、決して恥ずかしいことではない」と1度だけでなく、機会があったら何度でも諭してください。

度々話題に出していれば、子どもの方も打ち明けやすいものです。

 

「いじめ」は参戦も観戦も許されない。